読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

持病がありますが "小さな幸せ"を見つけながら暮らしています。健康のこと・食べることetc. 基本、 楽しく 綴ります♪

アメちゃん

その他雑感など

<*約2分で読めます。>

自室に常備しているお菓子、ありますか? 私の場合は、

  • キシリトール系ガム

です。

(グミも好きですが常備はしていません。つい食べ過ぎてしまうからです。)

飴を常備するようになったのはここ数年のこと。乾燥でのどが荒れるのを防止するためによく買うようになりました。

ガムは定番のボトル入りタイプを購入しますが、飴は違います。

アメはパケ買い

いつも「どれにしようかなー」と迷って買います。この”迷い買い”が楽しくてけっこう好きです。パッケージに惹かれて買うことが多いです。

昨日もパケ買いしました。

メガネのうさぎがウルウル目で「買って」と訴えています。さらに、左側のメッセージにドキッ……なんて謎めいたパッケージ!

メッセージ入りの個包装の袋も可愛くて面白いのです。

……飴は普通でした(予想通り)。

姪っ子とアメ

先日、弟の家族が泊まりに来て、姪っ子たち(上が6歳、下は3歳)と私の部屋で遊びました(正しくは乱入された感じw)。

上の子が目をキラキラさせながら持ってきたのはキャンディーポット

その時入っていたのはごく普通のフルーツのど飴だったので、入れ物がほしいのかな? と思ったのですが、お目当ては中身でした。

「いいよ。でも、お母さんに聞いてから食べてね」と上の子に2人分のアメ(4種類だったので4個)を手渡すと、思いのほか喜んでくれました。

その数分後……

「おかーさん、ハルコおねーちゃん*1からグミもらったー!」

下の子はまだアメグミの区別がつかないらしいです(^-^;

アメちゃんはコミュニケーションツールとして有効

”関西のおばちゃん”でなくとも「概ね60代以上の女性」には飴を常に持ち歩いている人が多い気がします。近所の子供に「はいアメちゃん」と渡す人を見たことはありませんが。

母が通う体操教室には「アメおばちゃん」がいて、毎回かかさず飴を1人に3個渡しています。

また、団体旅行では、女性の参加者はほぼ全員が何かしら小さなお菓子を持って行きます(年代に関わらず)。そして、隣席の方々との「アメどうぞ」から会話が始まり仲良くなるのです。

他のお菓子があってもまずはアメ! 小さくて個包装で、掌に「はいどうぞ♪」できて、甘いものを苦手な人がもらっても困らなくて……だから、気軽に渡せる……アメは ”優れたコミュニケーションツール” と言っても過言ではない、と私は思っています。

***

以上、飴について、つらつらと書いてみました。

男性はあまり飴を買わないかもしれませんが、コンビニの飴コーナーには懐かしさを感じさせる定番商品から変わったパッケージのものまであって楽しいですよ。お時間のある時にチェックしてみてはいかがでしょう?

 

・おそらく私が初めて食べた飴はコレです。

佐久間製菓 サクマ式缶ドロップス 75g×10個

小1まで一緒に暮らしていた大好きな祖父がよく買ってきてくれた思い出のアメちゃん♪ でも……ハッカが苦手でした(^-^;

*1:私は「おばちゃん」でよいのですが、義妹の気遣いによりこう呼ばれています。