読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

私の好きな”アンドロイドもの”ドラマと映画を紹介します。

木村拓哉柴崎コウのTBS日曜劇場「安堂ロイド」の視聴率が芳しくないようです。視聴率が全てとは思いませんが、ちょっと納得…かな。安堂~には、何かが足りないか、過剰なんです、たぶん。

てな流れで…

 私の好きな”アンドロイドもの”3作

視聴率など数字的には必ずしも”大当たり”ではなかったかもしれませんが、どれも名作だと思います。私の記憶をもとに(一般的な紹介とは多少ズレてるかもしれませんが)ご紹介しましょう♪

 

Q10(キュート)
『Q10』DVD-BOX

『Q10』DVD-BOX

 

 人間=佐藤健 アンドロイド=前田敦子

 何となく未来を諦めて高校生活を送る主人公。彼の前に「変な転校生」が現れた。彼女は未来からやってきたアンドロイドで…。

「すいか」野ブタ。をプロデュース」の木皿泉が脚本を担当!柔らかで優しくゆったりした展開ですが、登場人物たちが皆「何か」を抱えていて、心に残るセリフの数々が「生きること」の意味を問いかけます。

あっちゃんの”ロボっぷり”が見事で可愛いです。返事をする時の「パフー」がクセになりますよ^^;

高橋優の主題歌もイイです!!

 

 絶対彼氏
絶対彼氏 ~完全無欠の恋人ロボット~ [DVD]

絶対彼氏 ~完全無欠の恋人ロボット~ [DVD]

 

 人間=相武 紗季・水島ヒロ アンドロイド=速水もこみち

 パティシエを目指す主人公。でも現実は派遣社員として働くパッとしない日々。失恋して落ち込む彼女がひょんなことから「恋人ロボット」を購入することになって…。

 少女マンガが原作です。そしてこのキャスティング…多くの人がそうであったように私も”全く期待せずに”見始めました。が、予想外に面白かったんです!!

速水もこみちの正しい使い方はコレか!と業界の誰もが思ったに違いないww

 

主要キャスト3人の三角関係と、それぞれの成長(ロボも成長します!)が、実にいい感じに描かれていて最後まで飽きさせません。笑いと泣きのバランスが絶妙で、そしてやっぱり、せつない。ともすると安っぽくなりがちな話を丁寧に作って成功した非常に良い例だと思います。

 

 僕の彼女はサイボーグ
僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]

 

 人間=小出恵介 アンドロイド=綾瀬はるか

監督が韓国人です。だからというわけでもないでしょうが、ツッコミどころ満載です…まず、サイボーグじゃないから!アンドロイドだから!!

でも、ツッコミつつも引き込まれるお話でした。

孤独な大学生の前に突然ステキな彼女が現れて、すぐ消えて、また一年後に再会~「えーーーー」ていう感じの、めまぐるしくも幸せな”ふたりぼっち”な日々があって、大事件が…。

闘う女アンドロイド、綾瀬はるかがカッコいいです!「彼女が彼を守る」なのです。そして、完璧な美しさに見とれちゃいます(スポンサー企業の意地もあるでしょうが、素材の良さですね~)!!たぶんですが、この作品や「ICHI」が今年の大河ドラマのヒロインを決める際にかなり効いたのではないかと思われます。

 

***** ***** *****

いやー、今回書いていてつくづく思ったのですが、ほんの数年前のことなのに、ほとんど詳細を忘れてますね^^; 

最後の映画に至っては「…あと誰も出てなかったか??」なレベルでw

遠藤憲一&桐谷健太という安堂~にも出ているお二人の記憶が…ないm(__)mゴメンナサイ!

でもね、「あれ、良かったよなぁ~」という”思い”は確かに残っていて間違いありませんから!!よかったら見てください(^O^)