ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

今月のPMS(月経前症候群)のまとめ

初めにちょっと皮肉(グチ)を…

はてな女子というのが話題ですね。

このブログ、図らずもタイトル&HNから「女性が書いている」ことは一目瞭然なのですが、おそらくそのカテゴリーに入れられることはないでしょう。

”四十路の更年期間近のおばさんは、生物学的には雌であっても女子でなない”という扱いなのでしょうね。「はてな」は男社会だし^^; ま、ごもっともです。私もいいトシしたおばさんが自分を「女子」って言うのがあまり好きではありませんからww

 

今月の生理予定日とPMS(月経前症候群)の期間

ついこの間の記事 ↓

今月もPMSがやってきた…こんな感じで過ごしてます。 - そろそろ更年期?

でも書いたのですが、今月の生理開始予定(予想)日は21(木)の夕方でした。大当たり!木曜日の夕方から始まりました。そして、なんともう終わりかけています。PMSは15(金)からだったので一週間弱でした。

今回の主なPMS症状と対処法

私はPMS(月経前症候群)の主な症状といわれるものをほとんど経験していますが、現在は毎月すべての症状が出るわけではありませんし、以前ほどは辛くなくなってきているようです。更年期に移行する段階だからなのか、自分なりの予防・対症療法的なことが功を奏しつつあるのかわかりませんが、楽なのに越したことはありません^^ 

イライラ感

理由のないイライラ感で「あ、そろそろだ」と思いました。

<対処法>カフェインの摂取を控える

数ヶ月前から実践していることですが、予定日の一週間ほど前からカフェインの摂取を控えました。私の場合、紅茶・緑茶等は大丈夫なのですが、コーヒー・栄養ドリンクのカフェインがNGなので気をつけています。

「サプリ」や「アロマセラピー」の活用

日常的に行っているのですが、特に生理の前には頼りにしています。今回はビタミンについて少し説明しますね。

ビタミンB6がPMS対策に有効であるという学説(ビタミンB6を1日に10~80mg程度摂取すると月経前の不快な症状の改善が期待できる)を知ってから生理前に少し多めに飲むようにしています(B6単独ではなくB群として販売されている一般的なサプリ)。この話はまた改めて詳しく書くつもりです。

朝の倦怠感・目と皮膚の痒み(生理開始2~3日前から)

月曜の朝から起きるのが辛くなりました。目覚めた時から気分が悪いのです。天気に関係なく、頭が”モヤッ”とするし、とにかく体が重く感じます。老廃物が抜けきらないというか、なんとも言えずイヤな感覚。で、ベッドの中でもぞもぞして、やっと起き上がるのは朝とはいえない時間…勤め人でないから許されることですねw

<対処法>これについては、どうにもできないです…。自分としては「あぁ、そういう時期なのだな、無理をしないようにしよう」と諦めます。あと、母に「そういう時期なので申し訳ありません(怠けているわけではありません)」と伝えます。私の場合、躁うつ病の症状との区別が付きにくいからというのもあります。同居人がいる方は(理解してもらえるかどうかは別として)伝えた方がよいと思います。

PMSによるものかどうかハッキリしないのですが、目と目のまわりの皮膚がとても痒くなって困りました。40代になってから生理前に肌が敏感になる傾向が強くなってきてるので、来月からも注意していこうと思います。

<対処法>目のかゆみについては、痒み用の点眼薬を切らしていたので、普通の点眼薬で気を紛らわせました。肌のほうは、特に風呂上がりが痒かったので、入浴後すぐに化粧水で保湿を十分にすることで落ち着かせました。

ヒスタミン系の点眼薬を購入しなくては。あと、洗顔に使うものは見直しが必要かもしれないと思いました。

生理の状態と反省点

生理開始当日は朝から頭痛(モヤモヤ系の)が続き、食欲もなく、とにかく眠くてだるくて、ほとんど寝て過ごしました。出血が多かったのは翌日の夕方頃まででした。今はもう「終わったー」という気分です。”そろそろ”な年代は生理そのものは極めて楽…個人差はあると思いますが。今回は鎮痛剤の使用ゼロでした♪

 昨日「あ、お腹冷たいかも…」と思ったら、間もなくイタタ~トイレへGo!になりました。このごろ「あたたかい肌着」の重ね着をしていたので「ハラマキ」を使っていませんでした。お腹が冷えていたのですね~反省>< やはりハラマキは必須です!!