読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

私のPMS対策~私とPMSのこれまで~生理=悪?

持病のこと…PMS・もしかして更年期?

<この記事は 約3分 で読めます。>

*この記事は前回の続きです。

私のPMS対策~PMSって何?…PMSは辛いよ(>_<) - そろそろ更年期?

私が初めて婦人科を受診しPMS(月経前症候群)と診断されたのは都内で派遣社員として働いていた33歳の時でした。

月経(=生理)があってのPMSですので、記憶を遡って「初潮」の頃からまとめてみることにしました。よろしければお付き合いください。

 

早すぎた初潮~生理のバカー(>_<)

小学4年生の冬に初潮を迎えてしまいました。早すぎました。学校で女子だけを集めて「生理というのはね…」というお話を聞くよりはるか前です。何が起きたかわからず「おかーさーん!!」ですw で、母のリアクションは 眉間にシワ&無言 ww

よくわからないけど、これは良くないことなんだな…と思った10歳の私。後に「世間一般では赤飯を炊いてお祝いするものらしい」と知り、悲しくなりました。

その後、生理は毎月しっかりやってきましたが、痛いとか具合が悪いとかは全くなく、ただ血が流れるだけでした。

しかし…

小学5年生で身長の伸びが止まりました。

ショックでした。母が「…生理が早く来すぎたからだ」と何度となく言いました。「親が小さくても皆親よりは大きくなってるのに…」とも。

「血を流すために栄養が使われて、背が伸びなくなったんだ…生理のバカーーー(>_<)」と思いました。私の中で「生理=悪」の図式が生まれました…。

http://instagram.com/p/hzhQD3OUsc/

 

生理痛を知った~「生理=悪」の図式完成

初潮~中学~高校の途中までは毎月の生理自体はきわめて順調でした。「私をチビにしたイヤなやつ・めんどくさいヤツ」と憎んではいましたが。

高校2年の授業中にそれまで感じたことのない腹痛で保健室に行きました。保健の先生から「それは生理痛ね。これを飲んでみて…効くまでに すこーし 時間がかかるかもしれないけど」とバファリンを渡されました。飲んでみました…痛いよ~…まだ効かないのぉ~…痛い痛い…1時間以上経過して すぅ~っ と痛みが和らぎ、眠りました。

その後の高校時代の生理に関することは覚えていません。

大学生になり、一人暮らしをスタート。バイトをするようになりました。バイトの日に生理が重なると、生理の開始とともに急いで痛み止めを飲むようになりました。すぐには効かないからです。

*************************

社会人になり正社員として医療機関で働いていた20代は、ほぼ毎月生理痛がありました。

しかも、だいたい仕事の忙しい休めない時期に当たるのでした。また、生理が始まる数日前から生理中はやたらと眠くなり困りました。

この頃はPMSの認識がありませんでした。ただ、生理の前と生理中では生理中の方が辛かったです。生理は仕事をするうえで邪魔なもの以外の何者でもありませんでした。「生理=悪」の図式が完成しました。

********************

*次回(すぐ次の更新分とは限りません)は「PMSを自覚し受診~え、今度は うつ病?~(T_T)」という、私の30代のお話になる予定です^^;