読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

「どういう人でありたいか」という気持ちが使っている言葉になって表われる~糸井重里さんのコラムより

<*この記事は 約1分 で読めます。>

昨日(2014.5.24)のほぼ日イトイ新聞のコラムを読み「ふむふむ」と納得したので、備忘録的にまとめさせていただきました。*原文そのまま引用しています。

 

まず、私も以前記事にさせていただいた篠原ともえさんについて書かれています。

篠原ともえさんが、わぁわぁとやっていたころ、
  この人は、こんなに妙なかっこうして、
  やたらににぎやかに騒ぎまくってるけど、
  どうしていやな感じがないんだろうと考えた。
  それは、すぐにわかった。
  「ていねいなことばづかいができていた」のである。
  過剰というほどではなく、丁寧語をつかっていた。
  これだけで、なんとなく
  その人の大事にしているものがわかるような気がする。

 

f:id:haruko416:20140525175758p:plain

篠原ともえさん~イベント「島じまん2014」より(*篠原さんの公式ツイッターより画像お借りしました。)

 

そうそう。私は基本的に 騒がしい人 が苦手なのです(TVに出てくると耐えられなくて消しちゃう人もいます>_<)が、篠原さんのことはずっと好きで、うるさいと感じたこともありません。深く考えることがなかったのですが、これを読んで「なるほど!!」と大納得。

言葉づかいが丁寧だから

そうか、そうだったんだ。

 

続けて… 

存在というか、姿や役割がへんに見えるのに、
  「ことばづかい」がていねいな人という系譜があって。
  「さかなクン」さんも、そういう分類に入ると思う。
  最近では、壇蜜さんもそのジャンルなんじゃないかな。

 ホントだ。

さかなクン壇蜜さん~「変」だけど、好きか嫌いかなら好きと速答できます^^

志茂田景樹さん、叶姉妹なども同ジャンルに入りそうです。言葉づかいの丁寧さの他に「他人の悪口を言わない(書かない)」という共通点もあります。  

「どういう人であるか」というよりも、
  「どういう人でありたいか」という気持ちが、
  つかっていることばになって表われるのだと思う。
  「どういう人でありたいか」という理想の持ち方は、
  かなり重要な生き方に直結しているのではないかな。

 「どういう人であるか」は今までの積み重ねの結果

「どういう人でありたいか」はこれからについての理想

だから、

もし今までの自分が残念な感じだったとしても「これからの自分は違う。変わるんだ」という強い気持ちがあれば、それが言葉になって表れる…言葉って大切。

 

*この記事に関連する過去記事

【注目】篠原ともえ34歳の美しさが女神レベル!~ハルコ、反省する - ハルコ日和

映画ロケ地での騒動対応で男をあげた山田孝之 - ハルコ日和

格好悪い別れ方~ある有名人のブログを読んで感じたこと - ハルコ日和