読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

低気圧と体調不良の関係~鼻炎

健康関連いろいろ

<*この記事は 約3分 で読めます。>

■季節外れの鼻炎~低気圧が原因なのでは?

低気圧が近づくと体調を崩すという方は多いと思います。台風そのものより台風が接近してくる時の体調の変化が心配だったり…。

私は、元々の持病(躁うつ病・PMS)があるので、そちらと関連付けること(仕方ないと諦めること)が多く、「気圧のせい」と考えることがありませんでした。

そんな私でしたが、先月から度々酷い鼻炎(くしゃみ・鼻水・鼻づまり)や、むくみ(主に脚と瞼)などの不快な症状に悩まされ、花粉症(スギ)のシーズンが完全に終わり気温も程よい時期なのに変だな…と感じるように。

そして、最近のめまぐるしく変化する天候から「もしかして低気圧のせいなんじゃないか?」という疑いを持つようになりました。

 

f:id:haruko416:20140708143350p:plain

(*全国専門学校検索~気象予報士の資格より画像お借りしました。)

 

お恥ずかしい話ですが、私は「なぜ気圧が低いと体調が悪くなるのか」その理由がわからない、というか考えたことがありませんでした。

それに、私の症状~むくみは気圧と関連性がありそうだけれども、気圧が鼻炎に関係するのか??という疑問が浮上。

そこで、いい機会なので調べてみたところ、気圧の変化が体に与える影響がわかり、現在の体調不良は、やはり気圧が関係している可能性が高いこと~「気圧の低下に伴う鼻炎はあり得る」という結論に至りました。以下、わかったことをまとめてみました。

■気圧の変化と体調

・低気圧(状態)は3段階に分かれます。

  1. 下降期
  2. 圧が下がり切り横ばい(底)期
  3. 上昇期

このうち「下降期」つまり、”天気の下り坂”の時期に喘息やアレルギー性鼻炎、リウマチなどの疾患がある人は症状が悪化します。

・気圧が下がると体内では次のような変化が起こります。

  1. 体の外側から圧迫する力が減少
  2. 血管から血漿が漏れ出る
  3. あちこちに「むくみ」が起こる。

■低気圧で起こる鼻炎

・気圧の低下で鼻炎が起こるメカニズム…1(従来からの考え方)

気圧に押されていた鼻粘膜は、圧が緩むことにより空気を押し戻し、腫れてきて空気が通りにくくなります。この結果、鼻づまりが起きるのです。

また、外圧よりも鼻粘膜の血管やリンパ管の浸透圧が優位になるため、水分が漏れ出ます。そのため、鼻水が増え、ますます空気が鼻を通りにくくなってしまいます。

・気圧の低下で鼻炎が起こるメカニズム…2(新しい考え方~ヒスタミン分泌説)

上記に加え、最近では、花粉症を代表とするアレルギー症状の原因となる「ヒスタミン」が、低気圧によって過剰に分泌されることがわかってきました。

なお、低気圧によるヒスタミンの分泌促進に関する詳細な仕組みはまだ完璧には説明されていませんが、”異常な気圧の変化”が「外部刺激」ととらえていると考えられます。

f:id:haruko416:20140708162246j:plain

■対処法

これは…天気が相手ですので、(鼻炎に限ったことではありませんが、)基本的には症状が出てしまったら「対症療法」。自分に合った「症状を和らげる方法」を見つけて乗り切るしかないようです。

他にできることは、週間天気予報などを見て「準備」「心構え」をしておく(予防的に漢方薬*1を飲んだり、仕事が楽になるようにしておくとか)ことでしょうか。「備えあれば憂いなし」です^^;

とはいえ、最近のゲリラ豪雨などは心構えをする暇もなさそうですが(>_<) これから5年、10年先の天気はいったいどうなるんでしょうね…。

 

…参照…

神奈川県鎌倉市大船の山口内科「ぜんそくをコントロールする」出版 NHKで紹介 呼吸器科、消化器科、循環器科、糖尿病、甲状腺、高血圧、禁煙外来、各種予防接種

 

低気圧と体調の関係 自律神経の葛藤 | 名医を探すドクターズガイド

 

*よろしければこちらもどうぞ^^~今年は耳鼻科に行かずに済んだんですよ~♪

花粉症対策2014~漢方&アロマで乗り切りたい! - ハルコ日和

*** **

★自分で気象予測できちゃう?面白グッズ♪

晴雨予報グラス

晴雨予報グラス

 

 

ザ・フロッグウェザーリポーター

ザ・フロッグウェザーリポーター

 

 

*1:私の場合は「小青竜湯」を飲みます。意外に即効性があるようです。体質等により合う薬・効き方は異なりますので医師・薬剤師に相談してください。