読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

20歳の頃想像すらできなかった”おばさん時代”を今私は生きている

その他雑感など

<*この記事は 約3分 で読めます。>

 2年半ほど前アメーバブログを書き始めて間もない頃に書いた記事を思い出しました。きっかけは、こちらの記事です。

*私の文章の拙さと思考の浅さがより目立ってしまうので、紹介なしで、しれっと書いちゃおうかとも思いましたが、二つとも素敵な記事なのでリンクを貼らせていただきました。

 

■20歳・40歳の私が考えていたこと

下記の記事を書いていた頃の私はアメブロのアクセス数をそのまま信じて喜んでいたのですが(恥)、実際はほとんど読まれなかったに違いありません^^; そんな埋没記事ですが、宜しければ さらーっ と読んでください。(原文ほぼそのままです。)

*** ***

2012.4.12 アメブロにて公開

ブログネタ(*はてなブログの「お題」的なもの)「自分のこと、何年先まで想像できる?」参加記事

タイトル「20歳の私は20年後の私が見えていた?」

大学生の頃、バイト先(喫茶店)のママさんとこんな話をしました。

ママ:ハルちゃん(私のこと)はさー、未来の自分はどうなってると思う?

:そうですね…たぶん、今とたいして変わらない気がしますねー40歳くらいまでは。

仕事とか結婚とかがどんな感じでも、今好きなものはこの先も好きで、ミーハーな感じで、わが道をいく気がします^^;

ママ:その先は?40過ぎは?

 まったく見えないです…。

f:id:haruko416:20140922120113p:plain

 その通りになりました。

今、40歳ですが、今も昔もTVっ子で、芸能ニュースは主なところを押さえたいので「井上公造芸能」をケータイでチェック。

好みのファッションはずっとナチュラル系で、イタくない程度にカワイイものが好き。だから、”大人カワイイ”ってジャンルができてくれて本当に良かった!(^^)!

学生時代はバブル崩壊前後で、私が好きな服は「ダサい」少数派だったし、大人になったらこういう服は着られないのね(T_T)と悲観していましたから。

ミスチルは、ポッキーのCM曲で「お!」と思ってからずっと好きです。

あの時もっといいことを言っていたら、その通りになったかな?大金持ちになってると思います…とか…それは無理か(--〆)

そして…

困ったことに、40歳になった今もこの先の自分は全く予想できません^^;

ま、今思うのは…

 何が起こるか分からないから

ちょっと先の未来だけ考えて

目の前のことを精一杯やる

ということですかねー。それがベストな気がしてます(^_-)-☆

 

■”おばさん”になった私が思うこと

20歳の私、バカですねー^^; 好み・趣味的なことしか答えてませんw 「40歳から先が見えなかった」のは、40歳あたりから先(おばあちゃんになるまでの間)を”おばさん”と捉えていて、その”おばさん”と呼ばれる世代の女性に対するイメージがあまり良いものではなく、未来の自分として想像すらできない(したくない)という思いがあったのではいかと考えられます。

f:id:haruko416:20140922120427p:plain

 40歳の私は「アメブロ」の"キラキラ感"にやられていました。「新作コスメなどのモニターがやりたい」という”下心”から始めているので、持病のことには触れずに通しました。ただ…

何が起こるか分からないから、ちょっと先の未来だけ考えて、目の前のことを精一杯やる

 この部分は30代半ばで面倒な病気を患って、悩んで苦しんで、いつしか「しょーがないなぁ」と、病気と一緒に生きて行く決心というか”前向きな開き直り”ができてきてからの私の思いです。今も変わりません。

***

今、43歳です。自分のことを「おばさん」と言います。姪っ子っも二人いますし、身体的な変化(=老化)をハッキリと感じるようになったからです。そこに”明るい自虐”はあるかもしれませんが、卑下する気持ちはありません

姪っ子に今のうちから「おばちゃん」と呼んでもらおうと試みましたが「おねえちゃん」と呼ばれています^^;

f:id:haruko416:20140922124725j:plain

 姪っ子2号(もうすぐ1歳)は、まだ「 あー うー 」しか言わないけれど…

 

”女性はいつから「おばさん」になるのか問題”は昔からずっとありますが、私は「自分が おばさん だと自覚した時」からだと思います。だから私は「おばさん」です。そして、「おばさん」は意外と悪くないです。

私の場合、病気になって東京から田舎に戻ってきたというのもありますが、40代になって(自分を実際より少しでも良く見せるための)「背伸び」「無理」をしなくなったのでとても”楽”です。まわりからどう見られるかではなく、自分がどうしたいか、どうすれば心地よいと感じるかを大切にするようになりました。

 「私、おばさんだから…」という言葉を適度な謙遜や明るい自虐・前向きな開き直りに使うのは良いと思います。悪い意味での開き直りに使うと自己中おばさんまっしぐらです。そうならないよう十分に気をつけ、”清潔感”のある身だしなみを心がけながら、結構長いと予想される”おばさん時代”を過ごし、笑顔の可愛いおばあちゃんになりたい(目標は八千草薫さんです←高め設定ゴメンナサイ!)…43歳の私はそんなふうに考えています。