読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

もう年賀状を出すのをやめたい…やめようと思う。

その他雑感など

<*この記事は 約2分 で読めます。>

来年(2015年)の年賀状を最後にしよう…と自分の中で ほぼ 気持ちが固まりつつあります。そんな今の思いをまとめておきたいと思いました。よろしければ、おつきあいください。

f:id:haruko416:20141124080808p:plain

 

郵便局の配達員さんまで「営業」をされていますが、年賀状離れは止まりません。これも ”ご時世” といえばそれまでですが…。

 

■紙の年賀状をやめられなかった理由

私は、数年前から「もう年賀状やめようかな、やめたいな…」と思いつつ、やめられずにきました。高齢で書くのがしんどい…という年代でも、メールやラインでよくね?←この言葉遣いにも抵抗があるw…という物心ついた時からネットがある世代でもありません。

年賀状を出している人の中には、メールアドレスがわからない・ネットをやっていない人もいる(というか、過半数かもしれない)ので、完全に「ネットでごあいさつ」へ変更するのは無理。

子供の頃から年賀状を出すのは「あたりまえ」だったので、やめることに一種の罪悪感のようなものもあるのです。

f:id:haruko416:20141124085108p:plain

(*日本郵便より画像お借りしました。)

■「やめたい」と思うようになった理由

次の2つが大きな理由です。

・自由に使えるお金が限られている中、電話やメールでのやりとりもなく、この先会うこともないと思われる方に、自分にとっては決して安くない年賀状を出し続ける意味があるのだろうか?という気持ちが年々強くなってきた。

 

・年賀状に必ず「ひとこと近況報告」を載せているのだが、東京での仕事をやめ(病気療養のため)田舎に来てからは、これといった変化がない。あったとしても「暗いこと」は書けないので、本当にネタがない。ほんの「ひとこと」なのがかえって難しい。

 1は、同じように感じている方も多いのではないでしょうか?

2は、ずっと独身(私もですが)で、住んでいるところやお勤め先も変わらない方なども同じなのではないかと思われます。

 「そんなこと気にしないで、色数の少ない印刷で、ひとことも書かなければいいんじゃ?」と、割り切れないので、やめようと思いました。

 

■「年賀状のやめ方」~最後の年賀状をどうするか

紙の年賀状の作成をネット上で完了できる「ウェブポ」というサービスをここ3年ほど続けて利用しているので、それを使います(年賀状以外でも使えます。住所録なども管理できて便利ですよ^^)。

 

ウェブポ - 年賀状のぜんぶをオンラインで

 

「ひとこと」として、これが最後の年賀状になることを書いて「お知らせ」に代えさせていただこうと思っています。年内、余裕があるうちにネットで作成を済ませて安心したいところです。

 

■”「年賀状やめます」お知らせはがき”を販売すればいいのに

最後に、これは私の考えなのですが。

この先、年賀状は 出す人が減り、やめる人が増える 状況が変わらないと思うのです。だから、「やめるひと」のための専用はがきを郵便局(日本郵便?いまいち区分がわかりません^^;)で作成して販売したら案外売れるんじゃないかと思います。

イラストと定型文まで印刷してあれば、高齢の方には特に喜ばれるのではないでしょうか?

 

以上、私は「もう年賀状を出すのをやめようと思っている」ことについて でした。

 

今週のお題「年内にやっておきたいこと」〈2014年をふりかえる 1〉