ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

イライラしない”カフェインレス”生活(前編)…こんな理由で始めて、ゆるく続いています。

<*この記事は 約3分 で読めます。>

■私が”カフェインレス(ノンカフェイン)”を始めた理由

コーヒー栄養ドリンク(無水カフェイン含有のもの)などを飲むと、カフェインへの耐性普通の人であれば覚醒効果で(一時的に)元気が出ます。

ですが、耐性が低い(敏感・過敏な)人 の場合、ドキドキして落ち着かなくなったり(それがイライラにつながったり)眠れなくなったりするので、注意が必要です。

***

私は、カフェインへの耐性が低いことに加えて、やっかいな持病があります。躁うつ病(双極性障害2型)PMS(月経前症候群)です。(*長くなるので、病気についての説明は省略。)この二つには共通する症状が多く、代表的なものが「どうしようもないイライラ感」です。カフェインは、それを増長させてしまうのです。

”イライラしないように気をつける~イライラを増長させるものは極力避ける”

私は、まず「生理前にはコーヒーを控える」ことにしました。(このことについては、過去記事に詳しく書きましたので宜しければお読みください。)

私のPMS対策~イライラ対策…生理前は「カフェイン」を控える - ハルコ日和

 

カフェインレスコーヒー 【デカフェ・コロンビア 200g】 中挽き(ペーパー・ネルドリップ)

そして、最近は普通のコーヒーをほとんど飲まなくなりました。

 

■ゆるいカフェインレス生活

現在、私は生理前に限らず、飲み物は”できるだけ”ノンカフェインのものを選んでいます。

”できるだけ”なのは(私の場合)…

・食物アレルギーのような激しい症状が出るわけではないし、

・カフェインを完全に避けるのは難しく(チョコレートなどにも入っています)、そこまでこだわったら逆にイライラしそうだし、何より続かないと思ったから

です。

そんな私流の「カフェインレス生活」を何となく始めて、かれこれ…1年ぐらい…(よく覚えていませんスミマセン!)続いています。これからも続けていけそうです。

しばらくは、たまにコンビニコーヒーとかミスドでコーヒーとか懸賞で缶コーヒー当たったから飲んじゃおうetc.だったのですが、今はほとんど飲まなくなりました。その方が穏やかな気分でいられて体も楽睡眠の質もよくなったように感じます)なので、自然に飲まなくなったのだと思います。

*** ***

…日常の飲み物の変化…

●ほとんど飲まなくなったもの

普通の(カフェインを含んだ)コーヒー(ドリップ・インスタント・缶コーヒーなど全て)

無水カフェインの入った栄養ドリンク等

栄養ドリンクは、1本にコーヒー1杯とほぼ同量(50mg)のカフェインが含まれているものが多い(ほとんどかも)です。種類は限られますが、ノンカフェインのものが販売されていますので、外出中に疲れた時など必要な時はそちらを選びます。

・時々コンビニで購入する商品。まとめ買いするとかなりお得なようです^^;

アリナミンRオフ 50ml×10本

【ケース販売】リポビタン リポビタンフィール 100ml×50本

興和 キューピーコーワ「ヒーリング」2錠X10袋

いずれもカフェイン入りのように飲んですぐ ”シャキッ” とするというより、「疲れを翌日に持ち越さない」効果があるように感じます。

●以前より飲む回数を減らしたり、薄めにして飲むようになったもの

・緑茶

・紅茶

△三角ティーバッグ(ひも付)カフェインレスティーデカフェ・セイロン( 2.5g×30杯分)×3袋セット【合計90杯分】

*普通の緑茶・紅茶はカフェインを含みますが、コーヒーに比べると量が少なく、作用も穏やか(タンニンの影響)です。

●普通のコーヒーの代わりに飲むようになったもの

・ノンカフェインのコーヒー(カフェインレスコーヒー・デカフェとも呼ばれる)

・たんぽぽコーヒー(正確にはコーヒーではないが、こう呼ばれている)

ノンカフェインコーヒーは、味や香り等、普通のコーヒーと何ら変わりありません。種類も豊富です。私のようなイライラ感でお悩みの方コーヒーで眠れなくなる方妊娠中の方などは試してみる価値があると思います。

たんぽぽコーヒーは、濃い目に入れてミルクや砂糖を加えるとコーヒー気分が味わえます。(詳しくは後篇で説明します。)

 

★次回は、私が実際に飲んでいる「ノンカフェインコーヒー」「たんぽぽコーヒー」をご紹介します。