ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

アロマテラピー検定2級に合格しました~学習法(独学・短期)&試験当日のこと

先月受験した「第32回アロマテラピー検定2級」合格しました。11月には1級を受験予定です。

<追記>2016年11月の試験にて1級合格しました。

f:id:haruko416:20160309153935j:plain

学習時間は2級の時よりも少なくて済みました♪

*** ***

1・2級併願される方が多いと思いますが、学習方法は基本的に同じだと考えています。合格率が高い(90%程度)試験ではありますが、勉強ナシで受かるほど簡単ではありません(正答率80%以上で合格)

私が使った教材勉強の仕方などを忘れないうちにまとめておきます。これから受験される方や興味をお持ちの方、よろしければ参考までにお読みください。

<*この記事は約3分で読めます。>

★試験の概要についてはこちらにて↓

【公式】 アロマテラピー検定 | (公社) 日本アロマ環境協会

学習期間

テキストを手にして何となく眺めていた期間を入れると1ヶ月ほどですが、「よし、やるぞ!」となったのは試験の2週間前ぐらいです。ですので、実質2週間

教材

f:id:haruko416:20150620134946j:plain

市販のテキスト(問題集と一緒になっているもの・1級まで対応)と2級用の精油(エッセンシャルオイル)セット。これだけで十分です。

田舎住まいなので、テキストはアマゾンのレビューをじっくり読んで比較検討して、決めました。

AROMA教科書 アロマテラピー検定1級・2級 合格テキスト&問題集

AROMA教科書 アロマテラピー検定1級・2級 合格テキスト&問題集

  • 作者: アロマテラピー検定対策研究会
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2012/01/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 29回
  • この商品を含むブログを見る
 

イラスト・写真を多用しており、見ていて楽しいテキストで、受験対策としてだけでなく実用書として活用できます。(公式テキストより安くて内容が充実していますし、何より「受かる」ための作りになっているのでおススメ。)

要点を押さえたミニテスト、各章ごとの練習問題、一問一答問題集、模擬試験(2回分)があり、効率よく学習を進めることができました。

生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級

生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級

 

 精油セットは「生活の木」の通販サイトにて購入しました(他にも買うものがあったので)。

毎日の勉強方法

短期集中で、一日の学習時間も短め集中です。テキストを広げて毎日必ず勉強する時間は「起床~朝食前の間に30分」「入浴後~就寝前に30分」。あとは、気が向いたらテキストの気になるところをパラパラめくる感じで。

ある程度の「基礎知識」はあったので、「歴史」の勉強に時間をかけました。

 

精油の嗅ぎ分けは、あまりやり過ぎると嗅覚が麻痺するので、朝・夜に少しだけ。

「目を閉じて1つずつ蓋を開けて香りを確認する」というやり方で。

2級の場合、最終的に「どっちだ??」と迷う香りは「ユーカリ」と「ローズマリー」ぐらいです。

受験当日のこと

2級の試験は10:45~11:35の50分間で、10:30から説明がありました。

全50問。嗅ぎ分け問題も含めて全て四択でマークシート式で回答します。

試験開始から最初の10分間に「香りの嗅ぎ分けテスト」2問を行います。ちょうど上の写真と同じような小瓶2つの香りを答えます。小瓶の配布と回収は試験管が行います。

その後、残りの通常筆記48問に回答します。

全問回答して、ゆっくり見直しができました。焦らないことです。注意するとすれば、「正しいもの」「間違っているもの」どちらを選ぶのかを間違えないようにすることぐらいだと思います。

 

*問題の持ち帰りはできません。また、試験の具体的な内容等を漏らしてはいけません。気をつけましょう。

 

*** ***

 

以上、アロマテラピー検定2級に短期間の独学による勉強で合格するために実際に行ったこと+試験当日のことをまとめてみました。

アロマテラピー検定は、資格そのものというよりも受験のための学びが実生活に役立つことに意義があると思います。アロマは趣味でやっているけど……という方、試しに勉強してみませんか?