読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

ドッホ先生

その他雑感など

今週のお題「思い出の先生」

doch(ドッホ)

ドイツ語。意味は……たくさんありすぎてまとめるのが面倒なので省略!

だいたいこんな感じ~「強い否定」の意味で使われることが多いはずです。

・彼は家にいませんよね?(←否定の疑問文)
Ist er nicht zu Hause?
・いえ、いますよ
Doch!

<この記事は約3分で読めます。>

私は子供の頃から人を観察して「あだ名」を付けるのが好きです。でも、たいてい他の人には教えません。自分で好き勝手な名前をつけて心のなかで呼んでいるだけの自己完結型です。

「ドッホ先生」とは、私が大学で第二外国語として履修したドイツ語の先生につけたあだ名です。私はドイツ語を好きになれず、不得意で、成績も良くありませんでした。

第二外国語はフランス語・ドイツ語・ロシア語・中国語から選ぶことができました。私がドイツ語を選んだのは「読みやすい」という母情報を鵜呑みにしたからです。

「ドッホ先生」は "おじいちゃん" でした。見た目年齢はどう若く見積もっても70歳以上。痩せていて、足元がおぼつかない感じで、授業の半分は椅子に座って行っていました。そして、多くのお年寄りがそうであるように時々はげしく咳込むのでした。

f:id:haruko416:20150914200036p:plain

ドイツ語は、ほぼローマ字読みなので、dochは例外的と言えます。このdochを件の”おじいちゃん”先生が発音すると……

「ドッ……ホ」

苦しそうに咳込んでいるように聞こえるというか見えるというか、最初にこれを聞いた(見た)時の衝撃は相当のもので、私はこのおじいちゃんを「ドッホ先生」と心のなかで呼ぶようになりました。

他の人はどうか知りませんが、私は「おじいちゃん、大丈夫!?」と心配になってしまい落ち着かないのです。ドイツ語には他にも同じように「詰まる発音の単語」があり、先生がそれらを口にするたび気になって仕方がありません。そんなこんなで、私はドッホ先生の観察に忙しく、肝心のドイツ語が頭に入りませんでした。

*** ***

もちろん、私がドイツ語を好きになれなかったのはドッホ先生のせいではありません「ベルリン天使の詩」*1を3回見て3回とも寝落ちして「どこに天使が出てきたの?」と友人にアホな質問をして呆れられたせいでもありません。

英語は中学の頃から好きでしたから、外国語に抵抗があるわけでもなく、ドイツ語に苦手意識を持ったハッキリとした理由はわかりません。もしかしたら語気の強い感じが苦手だったのかもしれないと考えました。ですが、これもまた自分で書きながら「こじつけ」っぽく感じているのでおそらくは違うのでしょう。

と、ここまで書いて、誠に失礼な話なのですが私はドッホ先生の本名を覚えていません。いえ、あだ名を付けた時点で私にとってあの ”おじいちゃん先生” は「ドッホ先生」以外の何者でもなくなっていたのかもしれません。

もう20年以上前の話ですが、未だにドイツ語……主にウインナーソーセージの名前……を見るとドッホ先生のことを懐かしく思い出すのです。ご存命ならおそらく90歳以上のドッホ先生、どうしていらっしゃるでしょうか……。

 

・私が20分程度で寝落ちしてしまった思い出の映画w

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

 

 〈言い訳ですが……〉静かな淡々とした映画がNGってわけではないのです。寝落ちはコレだけです(レンタルビデオで)。学生時代は外国映画をたくさん見ていて、例えば……

「眺めのいい部屋」「グランブルー」「バグダッドカフェ」などは飽きることなくしっかり鑑賞してます^^

 

*1:キネマ旬報社データベースより…87年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞したヴィム・ヴェンダース監督の不朽の代表作。天使のダミエルは、サーカスの空中ブランコで美しく舞うマリオンと出会う。彼女の「愛したい…」という言葉を聞き、ダミエルはマリオンに強く惹かれ始める……