読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

イオンのワオン~WAON POINTOカードと電子マネーWAONカードの違い・1枚に絞るならどちらを選ぶ?

「今、イオン”ワオンカード”がお財布の中に2枚(種類)ある。水色のとピンクの。でも、この違いがよくわからない、ややこしい」……そんな方が多いのではないでしょうか?

私は、この二つの違いを調べて自分に合った1枚に絞りました

その過程を書きますので、必要な方は参考にしてみてください。

<*この記事は約3分で読めます。>

■「現金払いでもポイントがたまります」「無料です」と、すすめられ何となく受け取った新しいWAON POINTOカード

先月末のこと、イオンにてカウンセリング化粧品を購入の際に店員さんから「WAON POINT カード」をすすめられました。ふれこみは「Tポイントカードのように現金払いでもポイントがたまるカードなんです」でした。

 

その時まで私はこの新しいカードの存在を全く知らなかったのですが、簡単な説明を受け、こう考えました。

水色のカード(電子マネーWAON)のチャージは面倒なんだよなー。だから結局、5%オフの日以外はほとんど使ってない。現金払いでも使えるのは助かる。ポイント貯まりやすくなりそう……。

そして、「まぁ、タダだし……いっか」と受け取って帰りました。おそらく私と同じような感じで何となくカードを入手した方が多いと思います。

■財布の中はスッキリさせたい~ワオンカードは二枚も必要なんだろうか?いや、1枚でよさそう

帰宅して、新しいピンクのカードを財布から取り出しました。店員さんに「会員登録をお願いしますね」と言われていたからです。

その時、あれこれ思いました。

  • 水色のカードには会員登録なんてなかったような気がする……
  • 二枚のカードのポイントを合算できないんじゃないか?
  • このピンクのカードは「20日30日の5%off」に使えるのか?

なんだかモヤモヤしてきました。

自分はこの二種類のカードの違いがよくわかっていないことがわかると同時に、二枚持つことで面倒や無駄が生じそうな気もしてきて、「よし、調べよう。登録はそれからにしよう」と決めました。

■私に合っているのはWAON POINTカード

特設サイトを見てみました(*PC用)

https://www.smartwaon.com/pc/#/guide

一見わかりやすそうで、実はそうでもないような作り(私の理解力がないのかもですが)で何度もグルグルする羽目に……。でも、どうにか理解し、「私にはWAON POINTカード(新しい、ピンクの方)だけでいい」という結論になりました。

・二つのワオンの違い~この表がわかりやすかったです(スマートフォンは横にして見て下さい。)

f:id:haruko416:20160717121828p:plain

(スマートワオン公式サイトより画像お借りしました。)

 

・ピンクのワオン提示でも♪5%オッフ~!

f:id:haruko416:20160717120043p:plain

(イオン公式サイトより画像お借りしました。)

●WAON POINTOカード(新・ピンク)と電子マネーWAONカード(従来・水色)の主な違い

  • 水色のカードはチャージして使う「電子マネーカード」にポイント機能がついたもので、ピンクのカードは純粋な「ポイントカード」です。
  • 二つのカードのポイントは合算できません
  • 水色カードは電子マネーでの支払いのみですが、ピンクは現金のほか、商品券・ギフトカード・クレジットカード(イオン以外のものでもOK)などでの支払いでもポイントが付与されます。
  • 水色カードは、月間累計利用金額500円につき1ポイントが加算されます(*会員登録が必要です)。

●二つのカードの主な共通点

  • ポイント付与はともに、200円(税込)ごとに1ポイントです。
  • たまったポイントは1ポイント=1円として使えます。
  • 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」で使用(水色は電子マネー支払い・ピンクはレジでの提示)すると5%割引になります。

■まとめ

私はチャージが面倒だと感じていて、前述のとおり5%オフのために水色カードを持っているようなものでした。ですので、今後はピンクのカードのみで問題ないと結論付けました。

水色カードにチャージとポイントの残りがあるので、まずはそちらを早めに使い切ろうと思います。

WAON POINTOカード電子マネーWAONカードの違いがわからない、1枚に絞るならどちらかな? という方の参考になれば幸いです。

 

*この記事は2016年7月19日時点で筆者が得た情報をもとに書いています。