ハルコ日和

暮らしのあれこれ、美容・健康etc. を家にこもりがちな40代目線で綴るブログです。

はじめてのLED電球・個人的まとめ~スタンドライトのミニレフ電球をパナソニックの小型LED電球に交換~購入までのあれこれ、使ってみた感想、保証制度のことなど

<この記事は 約5分 で読めます。>

スタンドライトの電球ミニレフ電球からパナソニックのLED電球に切り替えました。

備忘録もかねて、替えるまでの経緯、実際に使ってみた感想等々をまとめてみました。素人視点ではありますが、LEDの導入を検討中の方~特に家電に詳しくない方に読んでいただけると、少しはお役に立つかもしれません。

 

*新旧2つの電球はこちら。↓

右のミニレフ電球を左のLED電球に交換しました。口金サイズは両方E17。ミニレフの方は45W、LEDは「25(W)型 電球色 相当、下方向タイプ、調光器対応」です。

このサイズのLED電球はミニクリプトン電球から交換することが多いようです。

◆LEDに替えるまでの経緯

電球の光は好きだが熱いのは嫌……

このスタンドの電球をLEDに交換しました。

ベッドサイドで使っているライトで、台座のつまみを回して明るさを無段に調節できるものです。(現在の状態=LED電球が取付けてあります。)

アマゾンによく似たライトがあったので参考までに小さくリンクを。↓

雑貨屋さんでデザインに一目ぼれして購入、10年以上使っているスタンドです。電球のオレンジ色で暖かみのある明かりが夜のくつろぎタイムにぴったりでお気に入り。

ただ、熱くなることだけが不満(手や顔に熱を感じるため夏場は不快)でした。コードレスデスクライト(LED内蔵)を使ったりもしましたが、やはり白い光は「寝る前のくつろぎ」には不向きです……。

取替え時にLEDが安くなった!

「熱くならず、電気代も安く、寿命が長い」という、LED電球の存在は気になりつつも「高い……」と思っていました。それが(*私の感覚では)昨年あたりから急速に一般家庭への普及が進み、価格が低下。

そこで、「これが使えそう」という商品をアマゾンの「ほしいものリスト」に入れて時々チェックするようになりました。

*条件に合うものが限られていて、ほぼこれ一択でしたw↓

リストに追加した時点(2016.5.1)の価格は2,200円でした。

それから半年後、買い時がやってきました。ミニレフ電球が切れたのです。LED電球の値段は2,000円を切っています。これはもう買うしかないですよね?

本当にコレで大丈夫? 最終チェックして注文!

なにせ初めてのLEDです。安くなったとはいえ失敗したくありません。リストに入れた商品がスタンドに合うかどうかを改めてしっかりチェックしました。

*参考にしたサイト↓

これからのLED電球の正しい選び方 | Panasonic

*リストに入れ→チェック→購入した電球の外箱↓

★チェックポイント↓

  • 木枠に収まるサイズ→OK(小さすぎるぐらい)
  • 口金のサイズ→E17
  • 光の色と角度→電球色相当・下方向
  • 調光器対応→OK

アマゾンのカスタマーレビューもチェックしました。

パナソニックのLED電球は概ね高評価でしたが、若干の不安要素(*使用感想で書きます)はありました。ですが、それは「実際に使ってみないとわからない……」という類のもので、かつ、「もしスタンドに合わない場合は他の照明に使えるからOK」と判断し、注文しました。

購入時(2016.11.3)の価格は1,620円(税込)でした。

◆取付け~1ヶ月ほぼ毎日使用した感想

取付け~点灯

ミニレフ電球装着状態

しっくり。

 

LEDに交換……

木枠と電球の間が広くなって間抜けな感じがw でも、この角度から見なければ気になりませんから!

 

いざ、点灯!

まずは、ついてよかったー! そして、いい感じじゃないですか♪ 本を読むときはこの向きで。スタンドの手前にベッドがあります(寝ながら読書w)。

 

約1ヶ月使ってみた感想

満足です! 暖かい電球色で、全く熱くなりません。これなら年中快適に使えます。

たまに間接照明的な使い方もします。リラックス感◎です。

「真っ暗だと目がさえるし、天井の豆電球は明るすぎ」と感じる、眠れない時に壁を照らしています。そのまま眠ってしまうことがほとんですが、熱を持たないし従来の電球より電気代がかからないので安心です。

***

アマゾンのカスタマーレビューで気になっていた(心配だった)こと(この商品限定ではなくLED電球全般について)は3つありました。

  1. 眩しすぎる(*従来の電球と同じW形を買った人のレビュー)
  2. ちらつく
  3. 暗め(ほのかな明り)にするのが難しい

実際どうだったかというと……

・1に関して

他に選択肢がなかった(「調光器対応&下方向&電球色」という条件の商品はこれだけだった)のですが、結果として25W形相当でよかったです。

私の主な使い方(寝る前の読書・寝付けない時の間接照明)で40W形では明るすぎたと思います。つまみをいっぱいまで回すと六畳の部屋全体が明るくなり、メインの照明として使えるぐらい明るいです。

・2に関して

ちらつきはあります。が、私はあまり気になりません。「切れる間際の蛍光管」のようなチカチカしたちらつき(点滅)ではなく、「ろうそくの炎」の ”ゆらぎ” のように感じます。斜め後方から照らすようにしているのも気にならない原因かも。

ほぼ毎日数時間使いましたが、全くちらつかない日もあれば激しくちらつく日もあります。どういう条件下でちらつきが発生するのか、今のところ定かではありません。

・3に関して

まったく問題ありませんでした。25形にしたのが幸いし、先に触れましたが「ほのかに壁を照らす間接照明」が可能です。

◆5年保証という安心が付加された!

購入後に知ったのですが、11月1日付の嬉しいニュースがありました。以下、パナソニックプレスリリースより抜粋です。

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、 お客様が安心してLED電球を購入、使用できるように、2016年12月から新たに、保証制度を導入します。
具体的には、対象製品を購入した日から5年間、不点灯などの故障があった場合は、無料で代替品と交換します
故障品の交換は、2016年12月1日より新設するLED電球専用窓口(ウェブ・フリーダイヤル)や、購入した販売店にて受付します。

一瞬、「購入を早まった」と思いましたが、「すでに購入済みの製品も保証」とのこと! よかったー!!

●対象となる製品

LED電球(口金E26・E17・E12・E11)。既に購入・使用している製品も対象となります

●保証期間

製品購入日より5年間。購入日は保証書やレシートで確認しますが、これらが無い場合は、製造年月より5年間。製造年月はLED電球に印字されている製造ロット番号で確認します。

 

この保証制度ができたことでLEDの普及はさらに広がりそうです。

 

LED電球に保証制度を導入 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

 

*この記事は2016年12月12日時点での情報をもとに書かれています。